掲示板系の対策

5ちゃんねる削除の方法

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】5ちゃんねるとは?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1999年に西村博之(ひろゆき)氏によって開設された「2ちゃんねる」(2ch.net)が、2017年10月に管理運営権の譲渡に伴い、ドメイン、名称を「5ちゃんねる」(5ch.net)と変えた日本最大の掲示板サイトです。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】2ch→5ch、名称変更の経緯
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2014年、2ちゃんねるの所有権や運営、管理体制をめぐって創設者である西村氏と、サーバーを運営していたジム・ワトキンス氏との対立が勃発しました。その結果2ちゃんねるの管理人はジム氏へと引き継がれ、西村氏は不正に2ちゃんねるを乗っ取られたとして、新たな2ちゃんねる「2ch.sc」を開設します。

以降2ちゃんねるは「2ch.net」と「2ch.sc」の2つが存在する状態となっていました。

①:2ちゃんねる〔管理/ジム・ワトキンス〕
[URL] http://www.2ch.net/

②:2ちゃんねる〔管理/西村博之(ひろゆき)〕
[URL] http://www.2ch.sc/

「2ちゃんねるを乗っ取られた」と主張する西村氏は「2ch」および「2ちゃんねる」の商標権を取得し、世界知的所有権機関(WIPO)の調停・仲裁センターに対して、自身が「2ch.net」ドメインの正当な持ち主だと認めるように申し立てていましたが、2016年7月28日付けの裁定で、WIPOはこの西村氏の申し立てを棄却します。

そして2017年10月1日、2ちゃんねる(2ch.net)のトップページには、ジム氏とみられる人物がこの対立の経緯をTwitterに投稿した説明文が掲載され、それによるとWIPOの裁定後も「西村氏による妨害行為」が続いており、「Race Queen(ジム氏が運営する企業)の管理の下では、これ以上皆様に安全かつ快適なご利用をいただくことが困難となった」ため、「運営権をLoki Technology, Inc.に譲渡する」とされています。

一方、2ちゃんねるの管理運営権の譲渡を受けることになった Loki Technology, Incは、「権利関係に関する無用な紛争を生じさせず、また、皆様に継続的に安全かつ快適にご利用いただけるように、掲示板の名称を新たに「5ちゃんねる」へと変更しました。」とし、「5ch.net」のドメイン、「5ちゃんねる」「5ch」の商標も保有していると説明しています。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3】5ちゃんねるの削除基準
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

5ちゃんねるのサイト内に「削除ガイドライン」(https://qb5.5ch.net/saku2ch/)の記載があります。

(引用)
「法人・団体については、カテゴリによって扱いが違いますが、原則として放置であるとご理解ください。 社会・出来事カテゴリ内では、批判・誹謗中傷、インターネット内で公開されている情報、インターネット外のデータソースが不明確なもの、は全て放置です。」
(引用ここまで)※引用元(https://qb5.5ch.net/saku2ch/

ここにある通り、「公に公開されている情報」「公益性が有る情報」については基本的には削除されることはありません。また、公的機関や法人・団体などに関する批判や誹謗中傷にあたる投稿も削除される可能性が極めて低いです。犯罪に関する情報、および法人・団体に関する情報の場合は、原則として裁判手続きによって仮処分を取得して、司法判断を待つ必要があります。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【4】5ちゃんねるの削除依頼方法
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

5ちゃんねるへの削除依頼方法には、大きく3つの方法があります。

①メール送信による削除依頼
②削除要請フォームによる削除依頼
③5ちゃんねるが認めた弁護士による削除依頼

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【5】①メール送信による削除依頼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「meiyokison@5ch.net」宛に必要項目を記載したメールを送信することで削除依頼をすることが可能です。

・件名(削除申し立て)
・対象スレッドのURL、およびレス番号
・削除を希望する理由
・削除理由を根拠付ける資料(資料がある場合)
・本人確認のための資料を添付(公的身分証など)

上記をメール送信後、運営者により削除可否の判断が行われます。
※必ず削除対応が行われるものではありません。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【6】②削除要請フォームによる削除依頼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メール送信による削除対象(*)以外の場合は、削除要請フォームからの申請となります。

(*)メール送信による削除対象
・個人の取り扱いに関するもの
・差別・蔑視に関するもの
・削除ガイドラインで 特殊な扱い になっている依頼者
・警察へ相談中のケース(通報前は除く)
・裁判により削除命令の判決を受けた当事者のケース

専用の削除依頼フォーム(http://qb5.5ch.net/saku2ch/index2.html)から「氏名」「メールアドレス」「法人(団体)名」「対象区分」などの個人情報、続いて「掲示板アドレス」「削除対象アドレス」「削除理由」をフォームに沿って記入し、「削除依頼をする」ボタンを押すことで削除依頼をすることが可能です。

上記削除要請フォームによる削除依頼を行った場合は、削除依頼スレッドが作成され公開されるため、その内容を誰でも閲覧できる状態となります。この点については予め注意しておく必要があります。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【7】③5ちゃんねるが認めた弁護士による削除依頼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「削除ガイドライン」(https://qb5.5ch.net/saku2ch/)には、「5ちゃんねるが,過去に受けた請求から、表現の自由を配慮したリーガルマインドを持った弁護士と認めた者からの請求については、正当な理由があるものについて、原則として対応するものとする。」という記載があります。裁判所にて削除命令の仮処分を請求することや、これら弁護士による削除請求によって削除を依頼することが可能です。